ロンド形式とは?

ロンド形式の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ロンド形式とは?】
ロンド形式について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ロンド形式とは?

ロンド形式

ロンド形式(ロンドけいしき、仏: rondo)は、楽曲の形式の一つ。 異なる旋律を挟みながら、同じ旋律(ロンド主題)を何度も繰り返す形式。 日本語(漢字)では、ロンドを「輪舞曲」(大辞泉)もしくは「回旋曲」(大辞林)と表記する。 一般的なスタイル 古典派以降では、複合三部形式の一種とみなすことのできる、次の2つの形式が一般的になった。 それぞれ大ロンド形式(だい――)、小ロンド形式(しょう――)と呼ばれる。複合三部形式 大ロンド形式 小ロンド形式 なお、古くは以下のような形をとっていた。  ..... ロンド形式による著名な作品 R.シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 大ロンド形式 モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第4楽章 メンデルスゾーン:劇付随音楽「夏の夜の夢」より「結婚行進曲」 シューマン:「幻想小曲集」より「飛翔」 チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」より「行進曲」 マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調 第5楽章 小ロンド形式 ベートーヴェン:エリーゼのために、ピアノ・ソナタ第8番ハ短調「悲愴」第2楽章 ショパン:マズルカ第5番変ロ長調 チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」より「葦笛の踊り」 マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調 第1楽章 ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ ロンドを題名にもつ楽曲 ショパン:ロンド ハ短調・変ホ長調・ハ長調、マズルカ風ロンド、ロンド・クラコヴィアク サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ ストラヴィンスキー:王女たちのロンド(『火の鳥』の一部) 関連項目 ロンドソナタ形式 ロンドー (rondeau)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E5%BD%A2%E5%BC%8F


「ロンド形式」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ロンド形式」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ロンド形式」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る