オクテットとは?

オクテットの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【オクテットとは?】
オクテットについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

オクテットとは?

オクテット

オクテット(octet)は、8人組・8個組のことである。 オクテット (コンピュータ) - 情報通信の分野で、8ビット単位の情報。「バイト」は必ずしも8ビットとは限らないが、「オクテット」は必ず8ビットを意味する。通信関係などでよく使われる。 音楽の分野では八重奏または八重唱、あるいはそれらの楽曲のこと。 八重奏 - 8人の奏者による重奏。 八重唱 - 8人の歌手による重唱。 八重奏曲 - 八重奏のための楽曲。 八重唱曲 - 八重唱のための楽曲。 オクテット則 - 化学の分野で、希ガスのように最外殻電子が8個のとき、その原子団の反応性が安定すること。 関連項目 データ量の比較。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%88


オクテット則

オクテット則(-そく、Octet rule)は原子の最外殻電子の数が8個あると化合物やイオンが安定に存在するという経験則。オクテット説(-せつ)、八隅説(はちぐうせつ)ともいう。 第二周期の元素や第三周期のアルカリ金属、アルカリ土類金属までにしか適用できないが、多くの有機化合物に適用できる便利な規則である(→18電子則)。ただし、カルボカチオンや無機化合物を中心とする多くの例外も存在する。 1916年にワルター・コッセルはボーアの原子模型を元に、希ガス原子と同じ最外核電子が8個の状態が化学的に安定であり、原子はこの電子配置を持とうとしてイオン化するという説を提唱した。 同じ年にギルバート・ルイスはコッセルとは独立に最外殻電子は原子核を中心とする立方体の8つの頂点(オクテットまたは八隅子(はちぐうし))を1つずつ占めようとすると提唱した(実際には1902年にすでにこの考えを示していたという)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%88


オクテット説

『オクテット則』より : オクテット則(-そく、Octet rule)は原子の最外殻電子の数が8個あると化合物やイオンが安定に存在するという経験則。オクテット説(-せつ)、八隅説(はちぐうせつ)ともいう。 第二周期の元素や第三周期のアルカリ金属、アルカリ土類金属までにしか適用できないが、多くの有機化合物に適用できる便利な規則である(→18電子則)。ただし、カルボカチオンや無機化合物を中心とする多くの例外も存在する。 1916年にワルター・コッセルはボーアの原子模型を元に、希ガス原子と同じ最外核電子が8個の状態が化学的に安定であり、原子はこの電子配置を持とうとしてイオン化するという説を提唱した。 同じ年にギルバート・ルイスはコッセルとは独立に最外殻電子は原子核を中心とする立方体の8つの頂点(オクテットまたは八隅子(はちぐうし))を1つずつ占めようとすると提唱した(実際には1902年にすでにこの考えを示していたという)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%88


「オクテット」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「オクテット」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「オクテット」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る