オラトリオとは?

オラトリオの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【オラトリオとは?】
オラトリオについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

オラトリオとは?

オラトリオ

オラトリオ(伊: oratorio, 羅: oratorium)とは、1640年頃、イタリアで始まったクラシック音楽における楽曲の種類、ないし曲名の一つ。日本語では「聖譚曲」と呼ばれる。バロック音楽を代表する楽曲形式のひとつである。ラテン語オラトリオと、イタリア語やドイツ語、英語などを用いた俗語オラトリオがある。ラテン語オラトリオは17世紀にのみ見られる。 オラトリオ形式の源流 「オラトリオ」の語源は、古代アラム語の「祈祷室」をラテン語に訳したものといわれ、本来は教会や修道院に設けられた祈祷用の部屋を称した。対抗改革の動きのなかで、聖職者と信徒が祈祷室に集まり、祈祷、説教、聖書の朗読、宗教曲の歌唱などからなる宗教行為の習慣がつくられていった。これらの修養は礼拝とは異なり、自由な形式が許容され、世俗曲の形式も採り入れられた。カンタータやマドリガーレなどを宗教曲に採り入れたことが、オラトリオ形式を生んだといえる。オラトリオの原型は、祈祷所で歌われた「ラウダ」と呼ばれる数節からなる、歌いやすくて単純な短い歌であったといわれている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA


「オラトリオ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「オラトリオ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「オラトリオ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る