間奏曲とは?

間奏曲の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【間奏曲とは?】
間奏曲について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

間奏曲とは?

間奏曲

間奏曲(かんそうきょく)とは、間に演奏する経過的な楽曲(普通器楽曲)の総称。 Intermezzo インテルメッツォ(ドイツ語)、Intermezzo インテルメッゾ(イタリア語)と呼ばれるものにほぼ相当する。ただしInterludium インテルルディウム(ラテン語)、Interlude インタールード(英語)に相当するものを間奏曲と呼ぶこともある。また、entr'acte アントラクト(フランス語)、act‐tune アクトチューン(英語)、Zwischenakt ツヴィッシェンアクト(ドイツ語)は、インテルメッゾに含まれる概念である。 ここでは、インテルメッツォと呼ばれる間奏曲について記す。なお、幕間劇のことをインテルメッツォと呼ぶことがあるが、これは間奏曲でないのでここでは言及しない。 また、間奏とは、ひとつの楽曲の中で、声楽曲ならば声楽を伴わない器楽部分、器楽曲ならば主奏者(独奏者)が休止する部分のことである。 アントラクト オペラなどの劇の幕と幕の間、または、一つの幕の中での小休止に演奏される楽曲である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%93%E5%A5%8F%E6%9B%B2


「間奏曲」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「間奏曲」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「間奏曲」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る