グレゴリオとは?

グレゴリオの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【グレゴリオとは?】
グレゴリオについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

グレゴリオとは?

グレゴリオ暦

グレゴリオ暦(グレゴリオれき、伊: Calendario gregoriano)は、1582年にローマ教皇グレゴリウス13世がユリウス暦を改良して制定した暦法である。現行の太陽暦として世界各国で用いられている。単に新暦(ラテン語: Ornatus)と呼ばれる場合もある。紀年法はキリスト紀元(西暦)を用いる。 平年には1年を365日とするが、400年間に(100回ではなく)97回の閏年を置いてその年を366日とすることにより、400年間における1年の平均日数を、365日 + 97/400 = 365.2425日、とすることがグレゴリオ暦の本質である。この平均日数365.2425日は、実際に観測で求められる平均太陽年(回帰年)の365.242 189 572日(2013年年央値)に比べて26.821秒だけ長い。 日本では明治5年(1872年)に採用され、明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日(グレゴリオ暦の1873年1月1日)とした。 制定の概要 キリスト教においては、重要な祭日である復活祭の日付は毎年の春分日を起点として定義されるが、第1ニカイア公会議(325年)において春分日はユリウス暦上で毎年3月21日とすることが決められていた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA


グレゴリオ・アレグリ

グレゴーリオ・アッレグリ(グレゴリオ・アレグリ、アルレグリ、Gregorio Allegri 、1582年 - 1652年2月7日 ローマ)はイタリアの作曲家・司祭・歌手。ローマ楽派に属し、生涯の大半をローマに過ごす。弟にドメーニコ・アッレグリがいる。 人物・作品 サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会の聖歌隊長ジョヴァンニ・ベルナルディーノ・ナニーノ(パレストリーナの門人で親友だったジョヴァンニ・マリーア・ナニーノの弟)のもとで聖歌隊の一員として音楽を学ぶ。ついで誓願を立ててフェルモの大聖堂より聖職禄にあずかる。この地で数多くのモテットやその他の宗教曲を作曲してローマ教皇ウルバヌス8世の目に止まり、ローマのシスティーナ礼拝堂聖歌隊にコントラルト歌手の地位を得、1629年から没するまでその地位にあった。アンドレーア・アダーミが書き残したところによれば、アレグリは稀に見る清純で慈悲深い人物と目されていた。 アレグリ作品には、5声のための教会コンチェルト2巻(それぞれ1618年と1619年に出版)と、6声のためのモテット集2巻(1621年に出版)、4声のシンフォニア、5曲のミサ曲、2曲の預言者エレミアの哀歌、さらに生前に発表されなかったおびただしい数のモテットがある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA


グレゴリオ聖歌

グレゴリオ聖歌(グレゴリオせいか、グレゴリアン・チャント)は、西方教会の単旋律聖歌(プレインチャント)の基軸をなす聖歌で、ローマ・カトリック教会で用いられる、単旋律、無伴奏の宗教音楽。 グレゴリオ聖歌は、主に9世紀から10世紀にかけて、西欧から中欧のフランク人の居住地域で発展し、後に改変を受けながら伝承した。教皇グレゴリウス1世が編纂したと広く信じられたが、現在ではカロリング朝にローマとガリアの聖歌を統合したものと考えられている。 グレゴリオ聖歌の発展とともに教会旋法が成立し、グレゴリオ聖歌は8つの旋法で体系づけられることとなった。旋律の特徴としては、特徴的なインキピット(冒頭句)や終止(カデンツ)、メロディの中心となる朗誦音(リサイティング・トーン)の使用、またセントニゼイションと呼ばれる既存のメロディを転用する技法によって発展した音楽語法があげられる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA


グレゴリオ改革

『グレゴリウス改革』より : グレゴリウス改革(英: Gregorian Reform)は、11世紀に教皇グレゴリウス7世(在位:1073年-1085年)によって推進されたカトリック教会の改革。叙任権の世俗権力からの奪還と聖職者の綱紀粛正が改革の二本柱であった。 青年時代より教皇領で働き、教会法と教会の歴史に精通していた教皇グレゴリウス7世は、当時のカトリック教会の問題点は以下の2点に絞られると考えていた。世俗の権威によって任命される司教や大修道院長たちの問題、それにともなって起こる聖職者の不正や堕落、すなわち聖職者の妻帯や聖職売買(シモニア)である。 この現状を変えるには教会自身が変革しなければならない。教皇は改革への熱意にあふれてその職務を開始した。グレゴリウス7世は1075年に「教皇令27ヶ条」を提示して、教皇権の世俗の権威への優位を主張した。さらにローマに教会会議を招集して聖職者の妻帯と聖職売買(聖職者の地位と特権を金銭で取引すること)の禁止を徹底するよう求めた。さらに各国においてこれが確実に実行されるため、教皇使節を派遣することで万全を期した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA


グレゴリオス・パラマス

グレゴリオス・パラマス(1296年 - 1359年)は小アジア出身のギリシアの神学者、アトス山の修道士、のちにテサロニケの大主教を務めた、正教会の聖人。 中世正教神学の主流となった静寂主義(ヘシカズム)の提唱者であり、かつ静寂主義を代表する理論家である。中世の正教会における理論家として最も重視される。正教会では聖人とされる。なお日本ハリストス正教会ではグレゴリイ・パラマと呼ぶ。 カラブリアのバルラムの唱えた「恩寵は神によって作られた」とする説に対して、被造の恩寵は人間から非被造の神への媒介となりえないと論駁し、恩寵の非被造性を説いた。グレゴリオスは、正教の教義を保持し、人は神をその本質においては知ることが出来ないが、その働き(エネルゲイア)において、すなわち神は何をなすかを知ることができる、ゆえに神が自らを人性において表し、このことを人が知りうるのであると説く。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA


グレゴリオ・ペティット

グレゴリオ・ヘスス・ペティット(Gregorio Jesus Petit, 1984年12月10日 - )は、ベネズエラ・ミランダ州ランデル市オクマレ・デル・トゥイ出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。現在は、ロサンゼルス・エンゼルス傘下に所属。 プロ入りとアスレチックス時代 2001年1月17日にオークランド・アスレチックスと契約。 2003年、ルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスでプロデビュー。32試合に出場し、打率.265・12打点・3盗塁だった。 2004年はA-級バンクーバー・カナディアンズで68試合に出場し、打率.256・4本塁打・35打点・3盗塁だった。 2005年はA級ケーンカウンティ・クーガーズで87試合に出場し、打率.289・9本塁打・33打点・8盗塁だった。 2006年はA+級ストックトン・ポーツで137試合に出場し、打率.256・8本塁打・63打点・22盗塁だった。 2007年はAA級ミッドランド・ロックハウンズで66試合に出場し、打率.306・4本塁打・31打点・9盗塁だった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA


「グレゴリオ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「グレゴリオ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「グレゴリオ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る