2005年9月の記事一覧

月別のエントリーを表示します。2005年9月にはこんなことがあったんですね。

2005年9月27日

酒は百薬の長。

風邪ひいたとです。

鼻水が垂れてみたり詰まってみたりするので、せっかくの「富士そば」のうどんも味がよくわかりませんでした。

でも、鼻が詰まると味がわからなくなるって不思議ですね。舌で味を感じるんじゃないんすかね?鼻と舌で味を分けてるのかな?
お医者さんならわかるかな?

「この中にお医者様はいらっしゃいませんかー!!」

はぁ~、だるっ(*゚ー゚)/ヤルキシネー

投稿者 naru119 : 16:33 | コメント (0)

2005年9月26日

ボルケーノ

昨日テレビで『ボルケーノ』って映画を見ました。

ロサンゼルスの街に溶岩がドゥワーって吹き出して、
岩石は飛んでくるわ熱いわで街中はそりゃぁもう大騒ぎさって感じになって、
主人公の渋いおじ様が溶岩を食い止めようとすごく頑張るって内容です。

で、こりゃ大変だって事でたくさんの消防隊員や警察が活躍するわけです。
その中で自分を犠牲にして人を助けるシーンが幾つかありました。

消防隊員が倒れた人を抱えて逃げ出そうとしたらすでに周りは溶岩に囲まれている。
周りの人間は倒れている人は無視して消防隊員だけでも逃げろって言うんです。
でも、その消防隊員は倒れた人を抱えたまま溶岩に飛び込んで、
抱えていた人を溶岩の外まで放り投げて自分は死んでしまうんです。

これは映画なんで作り話なんですけど、、
自分がその消防隊員の立場だったらどうするのかなぁって思いました。
自分を犠牲にして他の人を救えるのかと。

ま、この映画ケースは究極ですけど、
たとえば電車でじいちゃん・ばあちゃんに席を譲るとか。
俺は困ってる人に躊躇なく手を貸せるのかって。

日々の生活の中で自分を試されるシーンって結構あると思います。
そこで自分は『正しい』選択をできるのか?
ま、その『正しい』の判断は自分の尺度ですけどね。

自分も良い人生を送りたいし、
周りの人も良い人生を送って欲しいなぁと単純にそう思います。
そのお手伝いができればよりOK牧場。
そのお手伝いに僕らの音楽が役立てばさらにハッピー♪

僕が音楽を続ける理由の一つはこれだな(゚ー゚*)ソウネ

投稿者 naru119 : 17:41 | コメント (0)

2005年9月25日

続・コメントスパム

先日コメントスパム対策のプログラム変更をしました。
それ以来外人さんからのコメントスパムは来てないようです。

しかしながら、奴等は色んな方法で攻撃をしかけてきますからね。
そん時はそん時でまた対策を練らないと・・・
イタチごっこやね。

ま、とりあえずはOK牧場。

投稿者 naru119 : 16:00 | コメント (0)

2005年9月20日

コメントスパム。

お気付きですか??

最近僕のブログにたくさんのコメントが寄せられています。
ありがたい事です、はい。
しかも外人さんからのコメントが多数、、全文英語だったりして読むのが大変で、、

って、これコメントスパムじゃん!!

コメントスパムはブログの内容とは関係のないコメントとリンクを書き込むことです。
イタ電みたいなもんです、ピンポンダッシュみたいなもんです。

ちくしょー!!
コメントが書かれていてちょっと喜んじゃった自分が恥ずかしいやないか!!

こうなったらプログラムを書き換えて、イタズラできないようにしてやる!

『古来より悪が栄えた試しなし』

待ってろよ、悪い奴ら!!
必ず行くからな!ホームの端で待ってろよ!!

◆ポチっと応援よろしくです(*゚ー゚)サンキュ

投稿者 naru119 : 12:42 | コメント (0)

2005年9月16日

恐るべしサザエ。

産経新聞のCMでフジテレビの『なっちゃん』が登場するやつ知ってます?

「待ってー、私のお魚返してー!!」

と叫びながら、お魚をくわえたどら猫を追いかけるCMです。
そーです、サザエさんの歌のアレですね。

お魚くわえたどら猫 追っかけて はだしでかけてく 陽気なサザエさん♪

少年ボーイの頃からずっと疑問でした。
もしお魚を取り戻したら、そのお魚をアンタは食うのかと、、
どら猫がくわえていたお魚をアンタは食うのかと、、
カツオあたりに食わせるんじゃないかと、、
ぶっちゃけそのどら猫は『タマ』なんじゃないかと、、

怖いね。
僕には『妖気なサザエさん♪』と聴こえます・・・

◆ポチっと応援よろしくです(*゚ー゚)サンキュ

投稿者 naru119 : 10:59 | コメント (0)

オアシス。

朝の通勤時間。
山手線に乗り込むと僕の前に座っているリーマンが何やら話している。
二人とも30代半ばで、リーマンAがリーマンBに携帯を見せて話しかける。

リーマンA「”よろしければ今度一緒に行きましょう”って言ってるんですよ。」
リーマンB「社交辞令かもしれませんからねぇ~」

どうやらリーマンAが最近知り合った女性とのメールのやり取りをリーマンBに相談しているようだ。
僕は耳をバンビに、、ダンボにして会話を聞く。

リーマンA「”外に出回ってるからお疲れなんじゃないですか”って気を遣ってくれてるんですよ。」
リーマンB「良く気の回る人なんじゃないですかねぇ~。」
リーマンA「これって、、どうなんですかねぇ?」
リーマンB「気があるのか、、社交辞令と取るか、、ですねぇ。」
リーマンA「、、ねぇ?」
リーマンB「ハハハ(苦笑)」
リーマンA「ハハハ(まんざらでもなさそう)」

俺「ハハハ(どうでもええよ…)」

そんな朝。
今日も良い一日になりそうや。
なぁ、トムソーヤ。

トムソーヤ「ハハハ(満面の笑み)」

投稿者 naru119 : 10:29 | コメント (0)

2005年9月 7日

ずんどこべろんちょ

この言葉知ってます?

【ずんどこべろんちょ:ズンドコベロンチョ】
なんか聞いたことありますよね?

僕には『笑点』のオープニングが、

ずんどこべろんちょ どん どん♪
ずんどこべろんちょ どん どん♪

って聞こえます。←ボクノアタマスコシオカシイネ

あれ?
ずんどこべろんちょって何やっけ??

ふと思いました。
よーく考えてみると僕はその意味を知りませんでした。
どこで聞いたのかも覚えていない、、けど口に出している。

気持ち悪いのでネットで検索してみました。
すると、『世にも奇妙な物語』の中に『ズンドコベロンチョ』ってタイトルの回があるようです。
その内容は、、

↓↓ 以下引用 ↓↓
大手広告代理店のエリート・三上は、
いつのまにか自分の周りの人間が 「ずんどこべろんちょ」という言葉を使っていることに気づく。
新語ならなんでも知っているという自負のある三上は、知っているふりをするが気が気でない。
仕方なしに流行語「ずんどこべろんちょ」の正体をつきとめようとするが、
今までのプライドが邪魔をして、他人に聞く事も出来ずにさっぱり正体が判らない。

やみくもになって「ずんどこべろんちょ」の正体を探す彼を尻目に、
「ずんどこべろんちょ」は、ますます世間を席巻する。
ついに、彼の会社でも「ずんどこべろんちょ」に関するプロジェクトが発動される。
三上は、そのプロジェクトの責任者に抜擢される。
大喜びで彼の責任者就任を祝う社員達。

ついに、耐え切れなくなった彼は絶叫する。
「ずんどこべろんちょって何ですか!教えてくれー!!」

って話。
最後の三上の発言も周りの人間は冗談と捉えてしまう。
結局最後まで『ずんどこべろんちょ』の意味はわからないのだ。

この脚本を書いたのが、今をときめく『北川悦吏子』さんなんやって。
ロンバケやらオレンジデイズ等を手掛けた人です。
ので、この『ずんどこべろんちょ』は北川さんが考え出した言葉で、
特に意味はないみたい。
ま、意味のないところに意味がある、、というか。

やられたね、俺。
踊らされたね、俺。
キャッチーやね、『ずんどこべろんちょ』。

ところで、『すんどこべろんちょ』って何??(*゚ー゚)イヤーン

◆ポチっと応援よろしくです(*゚ー゚)サンキュ

投稿者 naru119 : 12:31 | コメント (4)

2005年9月 4日

どうも、ネコです。

SHARPのCMでネコが出てるやつ知ってますか?

液晶TVのCMでエコロジーのエコとネコをかけてるアレです。

いまそのCMで紹介されている亀山工場ってのが僕の愛する地元なんです。
三重県亀山市っす。
カメヤマローソクでチョー有名な、亀山市っす!!

ん?

知らない?
コンビニに置いてある紺色の箱のローソクです、チェックしてみてにゃー!!

そうそう、そのCMに登場する子犬が腰を抜かすほど可愛いです(*゚ー゚)ソーキュート

◆ポチっと応援よろしくです(*゚ー゚)サンキュ

投稿者 naru119 : 13:20 | コメント (2)

2005年9月 2日

レスポールとストラト

どっちが多いんだろう?

僕はメインでレスポールを使ってる。
奥田民生の影響だ。(*゚ー゚)ミーハー

何気にストラトも持っている。
ストラトの方が引き易いような気がする。

でも、レスポールを使ってる。
奥田民生の影響だ。(*゚ー゚)ミーハー

音的に歪みはレスポールの方が好きなんだけど、
クリーンはストラトの方が好きなんだな。

カタチはレスポールの方が好き。
自分に合ってるような気がする。

ま、奥田民生の影響だな。(*゚ー゚)アリャリャ


◆ポチっと応援よろしくです(*゚ー゚)サンキュ

投稿者 naru119 : 15:59 | コメント (0)

PAGE:

« 2005年8月 | NaruLogトップ | アーカイブ | 2005年10月 »