2010年8月の記事一覧

月別のエントリーを表示します。2010年8月にはこんなことがあったんですね。

2010年8月31日

冷静と情熱のアイーダ


昨日は代々木ブーガルで弾き語りライブでした。

お越し頂いた皆様、発破をかけて頂いた皆様、出演者&スタッフな皆様、ありがとうございました。「夏のおもひで」が一つ増えたとです、ピロシです。




代々木ブーガル

代々木ブーガルでやるのは3ヶ月ぶり、駅から近いのがナイスですねー(イエローも嬉しいぞ!)。

リハの際に「ギターが良い音ですね」と褒められ、僕ご満悦。例によってMCの練習をしにスタジオへ行って、オープン前にライブハウスに戻ると・・・




「かき氷食べる?」




スタッフさんに声をかけられ、かき氷という懐かしい響きに童心に返った僕は「いちご+練乳」をオーダーし、頭が愛川欣也になりながらも(キンキンね)美味しく頂きました(*゚ー゚)/ゴチソーサマー

かき氷の冷たさとスタッフさんの温かさが相まって、「今日も良い一日になりそうや」と確信するのでありました。




そら壱弾き語り

今回の出番はトリということで、僕は「くちばし」をつけて登場(USO)。

決め台詞の「トサカに来たぜぇ!!」と叫んで演奏をスタート(KOREMOUSO)。

しかしながら、2曲目の「白黒ネオン」で完全に歌詞が飛んでしまったため、演奏を中断し円高の話でその場をやり過ごす(これはマジ)。MCでは幼馴染の小松君とのおもひでを紹介する(小松、元気か?)。

久しぶりに「ココロトリガー」をやるが、やはり裏声が出にくい。練習では出るのに。トラウマなのか、野球で言うところの「イップス」みたいな状態に陥っているような気がしてならない(精神的なもの?僕はガラスのハートですからね、フフフ)・・・




最後に「ナナロク」を熱唱して終了。MCはややウケだったけど、今回も楽しく演奏できました。あざーっす!




他の出演者の皆さまも素敵な方ばかりでございました。

小川友輔さんは激重のエレピを持ち込んでのピアノ弾き語り。繊細な歌声と切ないメロディーが印象的。楽器を運ぶのが大変だと言ってました。ほんとに重いのよ、エレピって。寝た子より重いね、ありゃ。

中山由依さんはマクドの大会で優勝して日本代表に選ばれたツワモノ。歌はもちろん、ピアノもすごく上手でした。そして現役の早稲田の学生、与えるねー、天は二物を与えるねー。ま、努力の結果やと思いますけどね。

コンドウヒロユキさんは以前も池袋アダムでご一緒しまして、ギターがめちゃうまなんです。歌うギターって感じです。しかも同じJ45を使ってました、僕もあれぐらい弾きこなしたいわー。ヒューヒューだよ!




次回のライブは同じく代々木ブーガルで9/30(木)。

フードメニューも充実した代々木ブーガルに是非遊びに来て下さいー、ヨロシクお願いシマチュー!!




【今回のセットリスト】
地に足をつけない男
白黒ネオン
太陽SUN
ビバビバルディ
ぼくと友だち
ココロトリガー
ナナロク

【出演アーティスト】
小川友輔
中山由依
コンドウヒロユキ

投稿者 naru119 : 19:23 | コメント (0)

2010年8月24日

さよならBlue Vacation(中学生にギターをあげるお話しです)


「ギターを始めたいと思ってるんですけど、どうしたらEかわからなくて・・・」




そんな電話がかかってきたのは、8/9のライブの直前だった。

15分後にはステージに立たなければならない、本来ならば集中力を高めるために森山直太朗の「さくら」を独唱しているところだ。




「池田さんギターが上手だから、聞いてみようと思ったんです・・・」




ん?なんやて?




池田さんギターが上手だから、聞いてみようと思ったんです・・・」




ったく・・・




池田さんギターが・・・




わかった、皆まで言うな!

しょうがないなぁ~(まんざらでもない)




彼は現在サッカーに明け暮れる中学二年生。愛と勇気とボールだけが友達だとさ。

そんな純情な彼にギターを弾きたい理由を聞いてみる。

モテたいのか?女の子にキャーキャー言われたいんやろ?ん?どうなんや?思春期ってやつやろ?俺にも経験あるぞ、だから恥ずかしがらなくてもええんやぞ!な?モテたいんやろ?そうなんやろ??




「いや、なんかギター弾けたらいいなぁと思って」




ふぅ、、

まあいいさ、彼もいつかギターが弾けてもそんなにモテないことに気付くだろう、僕がそうであったように・・・

で、どんなギターを選んで良いかわからないと相談され、三重県出身で見栄っ張りな34歳男性はこう言い放つのです。




「ぼくの頭を食べなよ!」




否、、

「ぼくのギターをあげるよ!」




その直後、皆さんもご存知のように、僕はステージに立ち見事にスベるのです(夏の日の寒いおもひで)。




さて、

目に入れても痛くない(本当は死ぬほど痛い)GIBSON J45さんをあげるわけにはいかないので、J45さんの前に使っていたエレアコをご用意いたしました。




旧友:ブルーバケーション

5・6年前に御茶ノ水の中古楽器屋で3万くらいで買った代物です。その頃のバンドではエレキを弾いていたのですが、女の子にモテようと思ってエレアコにも手を出してみたのです(結果モテない)。

Blue Vacation(ブルーバケーション)と名前を付けておりました(恥)。見た目の青色と、ボウイの曲名から頂戴いたしました。ちょっと涙のBlue Vacation~♪




そっと寝かしたシーチュエーション

最後に綺麗にしてやろうと、そっと寝かしてやります。




お父さんも見守る

お父さんも心配そうです。




お父さん:「おい、弦がサビサビだぞ」




サビサビの弦

そうなんです、ずーっと放置プレイだったので、弦が大変なことになっていました。そして作業中にペグ回しマシーンが真っ二つになりました(涙)。




奮発してやったよ

お別れに良い弦を付けてあげるよ。もぅ、奮発しちゃう!!




河合楽器(Kawai)のギター

ちなみに、Kawai(河合楽器)というメーカーです。ピアノが有名だけど、こっそりギターも作っていたみたいです。今は作ってないそうです。




涙のお別れ

Blue Vacationと涙のお別れをする34歳男性。

内側カメラで激写していたのですが、カメラにセルフタイマー機能があることを発見する。




記念写真を撮ろう。




長年苦楽を共にしたBlue Vacationと記念の一枚。

本の上に携帯を置いてと、

距離はこれくらいで、高さはこんなもんかな?

よし、タイマースタート!!




ピッ

ピッ

ピッ

ピー!!




パチリ




毛が濃くなったなぁ

高さが失敗、スネ毛を激写(´□`。)アウー




気を取り直して、




しみじみ

今度はうまくいった(完全に部屋着でごめんよ)。

久しぶりにBlue Vacationを弾きました。相変わらずポコポコした音で、何だかシミジミしちゃいましたよ。




バンドが二人になってからアコースティック編成に変わり、このBlue Vacationには大活躍してもらいました。エレキと違ってアコギは弾きにくいので、最初はイライラしました。情けない自分の腕前にがっかりですよ。

何度かライブや練習を経て、まだまだ上手いレベルではないですが、あの頃に比べればだいぶ弾けるようになりました。

そして、偉そうにもBlue Vacationの音に不満を持つようになり、J45さんを買うことになるのです。

このギターをあげる彼も、まずはBlue Vacationで慣れてもらって、もっと自分に合ったギターを弾きたいと思ったら、お小遣い貯めてお気に入りのギターを手に入れてほしいですね。

何よりギターを弾きたいって言ってくれるのが嬉しいやないの。




「可愛がってもらうんやで」




後日、ギターと、ピック・チューナー・シールド・歌本のジャパネットも真っ青の特典をつけて渡してきました。

夏休みで真っ黒に日焼けした彼の白い歯がこぼれました。




次の日、彼から電話がありました。




なんだよ、お礼なら昨日充分すぎるほど言ってもらったというのに(*゚ー゚)カワイイヤツダナー




「池田さん、弦が切れました。」




( 」゚Д゚)」エイドリアーーーーーン!!

投稿者 naru119 : 19:24 | コメント (4)

2010年8月16日

ナツイチ、ソライチ


「夏の一冊」ということで集英社文庫が「ナツイチ」と題してキャンペーンを行っております。

対象の本を買うと「本の虫」ストラップがもらえます。今すぐ書店へゴーゴゴー!!




ちなみに、同キャンペーンのイメージキャラクターは多部未華子ちゃん。この子はズバ抜けて綺麗とか可愛いってわけじゃないんやけど、なんか惹かれるんすよねー。

こういう子が近所のパン屋さんとかでバイトしてて欲しい(花屋も可)。




さて、そんな妄想族の僕チンは1冊にとどまらず本を読み進めておりますの。




■カシオペアの丘で(上)|重松清
カシオペアの丘で(上)|重松清

■カシオペアの丘で(下)|重松清
カシオペアの丘で(下)|重松清

でたー、上下巻やー!続きものには手を出してこなかったのですが、重松作品ということで思わず買ってしまったとですー、ヒロシですけどー。

これはねー、悲しい物語でございます。また通勤電車でうっすら涙を浮かべてしまいましたよ。子供がねー、健気でねー。もうねー、俺も一生懸命生きるよって感じ(強引な締め)!




■かたみ歌|朱川湊人
かたみ歌|朱川湊人

本の帯に「涙腺崩壊」と書かれておりました。僕はどちらかと言うと愛されるよりも愛したいタイプであり、泣かれるよりも泣きたいタイプなので購入いたしました。朱川湊人(しゅかわみなと)さんの作品は初。

さらに僕は本の内容・前情報とかを聞きたくないタイプでもありますので、読んで初めて気付くのです。ホラー作品でしたー、ひょえー!!

といっても、幽霊とか登場しますがそんなに怖くはないっす。大丈夫っす、夜も一人でトイレ行けます。

で、そんなに泣けませんでした。涙腺の崩壊は阻止。確かに内容は悲劇的で可哀相なのですが、どこかほっこり温かくなる感じもあります。ストーリーとか面白いと思います。




みんなも良かったらチェキラッチョしてくれよな!

次回、「ギニュー特戦隊の底力、クリリンの夏休み」の二本立て、お楽しみに!チャオ!!

投稿者 naru119 : 19:25 | コメント (5)

2010年8月10日

真夏のゲレンデ


昨日は池袋アダムで弾き語ってきました。

お越し頂いた皆様、応援して頂いた皆様、出演者&スタッフな皆さま、ありがとうございました。手に汗を握りながらも充実した時間を過ごさせて頂きました。




まめくん企画

前回のライブは6/6だったので、約2ヶ月ぶりのライブ。

2ヶ月もあればライトハンドや早弾きもマスターできたのですが、ずっとムーンウォークの練習をしていたので(本当は任天堂DS)、新しいギターの技を得ることはできませんでした。すみません。

しかも新曲も作っていないアーリーサマー(有り様)、サボりすぎですな。喝だ、喝っ!!

次のライブまでに新曲を作ったり、本当にムーンウォークの練習をしてみます(*゚ー゚)/マイコー




さて、昨日のライブはですね・・・




スベッた直後

スベりました

※写真はスベッた直後に頭ではなく顔が真っ白になった瞬間




スベッた直後

チョースベりました、チョースベ

※写真は平成のカオナシ




その瞬間、ライブハウスは真夏のゲレンデへと変化し、僕は綺麗なシュプールを描くのでした。冬のオリンピックだったら間違いなく金メダルです、谷でも金。

いやぁ、あんなにスベるとはね。20代の青年だったら100%引きこもってますよ、良かった34歳で。




今回のイベントは「まめくん」とアダムの共同企画ということで、素敵な方々が出演されていました。知った顔もチラホラリ。

毎回そうなんですが、人のステージを観るとすごく刺激されるんすよねー。俺もやらねばと、やるならやらねばとね。




さて、次回は8/30!ゼミナールでお馴染みの代々木ブーガルです!

特に受験生は気分転換に観に来てね、そして是非「僕、受験生です!」と声をかけて下さい!




MAXの笑顔で「ガンバ!」って言うよ( 」゚Д゚)」ファイトー




【今回のセットリスト】
太陽SUN
ビバビバルディ
約80分の3
プカプカ(カバー)
地に足をつけない男

【出演アーティスト】
キャン
GANJIRO
石井
嘉義源太
ハルカトミユキ
玉城光
にたえもん
TUMA銃ゴロウ
まめ

投稿者 naru119 : 19:18 | コメント (6)

PAGE:

« 2010年7月 | NaruLogトップ | アーカイブ | 2010年9月 »