記アーカイブ

日々起こった何気ない出来事などを無駄にドラマチックに綴っております。教訓などは得られないので、眠れない夜にでも読んで下さい。

2012年11月23日

ジョージショック

ども、ジョージです。




皆さんも薄々感付いているとは思いますが・・・




ジェフが負けました(´□`。)




来季もJ2です・・・

はぁ・・・




※あっ




※僕は元気です(*゚ー゚)/ツギコソハー

投稿者 naru119 : 15:36 | コメント (2)

2012年8月26日

And I Love Car

残暑が厳しいざんしょ




なんて言っても全然涼しくならないくらい本当に暑いです。ナツいです。

そんな夏の終わりに皆様にご報告したいことがございます。




わたくし・・・




「全米がナイータ!」
生まれて初めて涙が枯れました(20代女性)




なんと・・・




「あなたは奇跡の目撃者となる!」
もう一度頑張ってみようと思いました(40代男性)




ついに・・・




マイカー

マイカーを手に入れたのです!うひょー!!

※キッズ達には刺激が強すぎるので一部画像を加工してあります




どうですかお客さん!

嬉しさを堪えきれずニンマリした僕がなんとも微笑ましいじゃあーりませんか!




免許取得にじっくりと8ヶ月を費やし、36歳にして初のマイカーでございます。

この奇跡を誰が予想できたでしょうか!んあ!!




20代の頃は、電気が止まり、ガスが止まり・・・

水道が止まった時には、大きい方をする為に最寄のコンビニへ駆け込んでいたあの青年がついに・・・




うぅ(涙)、、




ともあれ、あっしはこいつに乗って風になりやす!

こいつに乗ってサーキットの狼になりやす!!




行こうぜ、ピリオドの向こうへ!!
※法定速度は激しく守ります

投稿者 naru119 : 10:37 | コメント (7)

2012年8月 7日

五輪ピック

ユージオダ:「皆さんお待たせしました、間もなくムロフシが登場します!」




と、ユージオダが言ってから

ムロフシが登場するのに実に3時間くらい待たされたことがございます。




これは世界陸上のお話ですが、今回のオリンピックも似たようなことはございます。

生中継なので待たされるのは仕方ないことなのですが、視聴者としては待つのは結構辛いもので。たとえば待ち時間にサザエさんを1本流せばいいのにね。「イクラのオリンピック」みたいなやつを、そしたら気がまぎれるのに・・・ブツブツ




そんなこんなでオリンピックも中盤を迎え盛りに盛り上がっておりますが(俺の中で)、

これまでの中継を見ていて気になることがございました。




■気になることその一
柔道の審判システムってどうなの。

久しぶりに柔道の試合を観まして(正直オリンピックでしか観ない)、まず「効果」が無くなっていることにちょっとビビる。そしてもっとビビったのが主審の判定が変わりまくることです。もうビビると言うかちびる。

「技あり!」と主審が判定、副審が異議を唱えて「有効!」に変わったりする。しかもこれがしょっちゅうある。ただ、まあこれは仕方ないと思いました。相撲の「異議あり」みたいなもんですよね。

しかしながら、さらに「ジュリー」と呼ばれるビデオ判定によるシステムがあるんです。これにより副審の他にさらに「ジュリー」から異議が唱えられ、ビデオ判定なので「ジュリー」の判定がまず採用されるようです(たぶん)。日本戦でも0対3の判定が3対0に変わる試合がありました。

どうも審判の誤審を防ぐために導入されたシステムのようなんですが、何だかね~、

「主審も副審もいらんやん!沢田研二(※ジュリーね)が全部やればええやんっ!!」

と思ってしまうのです。誤審がなくなるのはもちろん良いことなのですが、このシステムだと主審の意味がないというか・・・主審も「ジュリー」を気にして逆に判定に自信が持てなくなるんじゃないんですかね?




結論:「ジュリーより、ジョリー」
※深い意味はございません、言いたいだけ、Eたいだけ・・・




■気になることその二
フェンシングの動きが速すぎて何がなんだかよくわからない。

もうね、ほんとに動きが速くてさ、見てても全然わからんのですよ。しかも同時に両者が喜んだりするので、さっぱりカンパリオレンジです。




結論:「銀メダルおめでとう」
※準決勝は興奮したぜ




■気になることその三
深夜のサッカー中継のハーフタイムで寝てしまう。

これは本当に深刻な問題です。壮絶な前半を戦い終えた選手たちにとって貴重なハーフタイム15分間は、睡魔と壮絶な戦いをしている視聴者にとって魔の15分となるのです・・・




結論:「ハーフタイム中にサザエさんを流せば寝ないと思ふ」
※イクラのオフサイドトラップみたいなやつね


投稿者 naru119 : 20:00 | コメント (2)

2012年6月 5日

スター違い

先日、セパ交流戦「楽天vs横浜」を観に行ってきましたー!

そう、仙台といえば・・・




交流戦でKスタへ

楽天イーグルスの本拠地「クリネックススタジアム宮城」!

いわゆるKスタ!タモリはMスタ!!

やっぱ仙台に来たんだしね、しっかり応援してきましたよ。




横浜DeNAベイスターズを(*゚ー゚*)アレ?




パリーグはもちろん楽天を応援してるのですが・・・

実は、東京から熱狂的ベースターズファンの友人夫婦が来ましてね。それで今回はベイスターズの応援をしたわけです。いやもちろん今回だけですって!だって僕はもうすっかり仙台人じゃないですかー!ほら、どこからどう見たって仙台人じゃないですかー!ちょっとどこ行くんすか?よーく見てみて下さいよ、ほら、どっからどう見たって・・・




交流戦でKスタへ

僕のブログを結構前からビール片手にご覧になっている方はご存知かと思いますが、東京にいた頃はちょいちょい横浜スタジアムにも足を運んでいたのですよ!

そこであの星のモンスターと仲良しになったんすよ。ベイスターズのマスコットのあいつです。




さて、今日はいるかなと・・・

あ、いたいた




交流戦でKスタへ

おやっ?




交流戦でKスタへ

たしかこんな感じだったんだけど・・・




交流戦でKスタへ

すこし会わない間に何か変わったなぁ・・・




スターマン

こんな感じだったのに・・・




どうやら今年から横浜DeNAベイスターズに変わったってことで、マスコットも変わったらしいです。名前は「スターマン」。

いやぁ、随分キュートなキャラになったなぁ・・・




星のモンスター

嫌いじゃなかったのに・・・




あ、試合の方はですね、




横浜の勝利

連敗中だった横浜が快勝したのでございます!

完全なアウェーの中の応援もなかなか面白かったですよ!

また観にいきたいと思いますー、はいさよならー☆

投稿者 naru119 : 17:11 | コメント (8)

2012年6月 3日

なかよし

燃えろサッカー

マツキ:「日本、いい時間でフリーキック取りましたねー」




せるじお:「この距離どうだろ、直接狙いますかね?」




マツキ:「ここは慎重にパスするんじゃないかと僕は思いますねー」




せるじお:「ナナナミさんはどう思いますか?」




ナナナミ:「そうですね~、判断に迷うところですね。」




せるじお:「現役時代のナナナミさんだったら直接決められるんじゃないですか?」




ナナナミ:「いやいや、せるじおさんこそ、これ得意な角度じゃないですか?」




せるじお:「得意だけど、ナナナミさんには敵わないよ」




ナナナミ:「とんでもないです、僕はせるじおさんを見て育ったようなもんですから!」




せるじお:「ナナナミさんにそんなこと言われると照れちゃうな。今夜どう?」




ナナナミ:「イイですね~。是非フリーキックの極意を教えて頂きたいですね。」




せるじお:「そう簡単には教えられないよ。ま、生ビールを3杯くらい空けたら教えちゃうかもね♪」




ナナナミ:「はははは!」




せるじお:「HAHAHAHA!」




マツキ:「(´□`。)」




ども、ナルジオ越後です。

今夜はワールドカップ予選がありますよー

ビール片手にテレビの前に集合だっ!




※僕は元気です

投稿者 naru119 : 17:09 | コメント (2)

2012年4月 1日

住めばミヤコ蝶々(言っちゃった)

仙台生活も早いもので1か月が経過いたしました。

超シティボーイの僕が東京を離れて本当に暮らせるのか?と心配された方が一人か二人か三人か・・・いや四人くらい、もしかしたら五人、下手したら六人くらいいたかもしれませんが、大丈夫です。




住めばミヤコ○○です。
※一部自粛




最初は寒くてこじかんでおりましたが、最近はだんだん温かくなり忘れかけていた笑顔を取り戻すことができました。

そして先日、床屋さんに行ってきました。

東京ではずっと近所のカリスマに切ってもらっていたので、仙台でもカリスマを見つけようと、まずは最寄りの床屋さんに行ってみました(*゚ー゚)/モヨリカイッ




床屋さん:「お客さん、もみあげはどうしますか?」

僕:「都会的な感じでお願いします」




小刀のような鋭いもみあげになりました。




柔らかさが売りの私ですが、今はちょっと尖った感じになっております。

そんなこんなで新しいところを開拓しながら、仙台っ子に近づくべく日々精進しております。




ではここで、この一ヶ月で覚えたこっちの言葉を発表したいと思います!




■がらがら
どんな意味だかわかりますか?

えっ、店が暇そう?ちっちっち、そのガラガラじゃないんよねー。なになに?MAX??そりゃ、トラトラトラでしょ。無理あるし、一個増えてるし。さて、気になる正解は・・・?




(」゚ロ゚)」エチゴセイカ??




「急いで」という意味でーす。「がらがら取ってこい!」は「早く取ってこい!」ということになります。勉強になったね!びっくりだね!




■おしょすい
お次は「おしょすい」です。わかるひと~。はい、サトシくん。ん?「おしっこ」のことやって?そりゃ「お小水」やん!レディーの前で失礼ですよ!えっ、それは冗談で本当は俳優の藤村俊二さんのことやって??って、それは「おひょい」でしょ!さて、気になる正解は・・・?




(」゚ロ゚)」エチゴセイカ??




「恥ずかしい」という意味になります。知らないと絶対わからないよね!メモってね!!




後は語尾に「~っちゃ」「~だっちゃ」と付けるようです。ラムちゃんみたいな感じですね。




お母さん:「おかえりなさーい♪今日の幼稚園はどうだった?」

子供:「楽しかったよ。みんなでお歌を歌ったの!」

お母さん:「そうなの、良かったわねぇ。何のお歌を歌ったの?」




子供:「おもちゃのチャチャチャっちゃ!」




こんな感じです。今後も新たに覚えた言葉があったら紹介するね!じゃ、また来週!!

アディオース、アミーゴ(*゚ー゚)/ゲラウェイ!!

投稿者 naru119 : 22:00 | コメント (2)

2012年3月20日

8ヶ月かかりました

あーあー

本日は晴天ナリ。

青天の霹靂ナリ。

コロ助ナリ。




えー、半年間ブログ更新をサボっておりましたので気になっている方が一人か二人か三人か・・・いや四人くらい、もしかしたら五人、下手したら六人くらいいらっしゃるかもしれませんが、




私、無事に車のライセンスを取得いたしました(*゚ー゚)/ヒャッホー




車のライセンス

※グラサンはダメです(タモリ以外)




2011年の6月末に通い始めまして、教官との対立、事務員の陰湿な嫌がらせ、生徒間の派閥争い、それはそれは色んなことがございました。
※本当は平穏無事

しかし、それらの全てを乗り越え、最後は全員が抱き合い涙しながら、無事に卒業することができました。みんなで一緒に空に投げた帽子は、今頃は太平洋を渡り、遠くの国の少年の宝物になっていると思います。




ライセンスを手にした日は実に引っ越しの1週間前。




当日の朝。

「卒業証明書よし!鉛筆よし!消しゴムよし!俺つよし!」

持ち物の指さし確認をして準備万端。勉強ももちろんバッチリ、下着は赤。いつもより多めにヘアワックスをつけていざ試験会場へ。




試験会場は品川にある鮫洲(さめず)試験場。

鮫洲・・・何と恐ろしい名前でしょうか・・・この後僕はまさにジョーズに飲み込まれてしまうのです!!

つづく・・・




さて、続きです。




当時の我が家から鮫洲まで自転車で30分もあれば着く距離。ネットで地図を確認して、自転車にまたがりいざ出発。

「ハイヨー!シルバー!!」




午前の受付締め切りは9時5分。

ジャスト9時。

僕は果てしのない直線で自転車を漕ぎながら一人雄叫びをあげておりました。




そう、迷いました。川崎マヨです。




ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、僕は方向が音痴なのです、方向がね。真っ直ぐ行ける予定だった道が渡れなかったので右に折れて、「この辺だろうなぁ~」って左に折れ、気付いたら子羊ですよ。迷える子羊です、近くに神父も新婦もおりませんでした。




36歳にして若干半べそになりながら、やっと試験場に到着したのは午前10時。予定より1時間オーバーでございます。午前の試験はもちろん受けられず、午後は13時スタート。




インド人もビックリの3時間待ち・・・




うっすらヒゲが生え始めたころ、やっと試験を受けることができました。

周りは若者ばかり・・・大人の代表として何としても不合格は避けたい!っちゅーか、また自転車で来たくないっ!!そんな想いの中必死に問題を解いたのです。




Q、自動車で走行中に同級生を見かけたのでクラクションを鳴らして挨拶をした




×
(※気持ち的には◎)




そして緊張の合格発表。電光掲示板で発表されるのかと思いきや、まさかの口頭!

これは咳払いも許されません(´□`。)・・・

自分の番号を聞き逃すわけにはいかないのです・・・




「2番!8番!15番!・・・ナルさん!」




キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!




僕は机の下で小さくガッツ石松ポーズを決め、

周りの方々には「受かって当然でしょ?」みたいな雰囲気を醸し出しておきました。




試験後、免許の受け取り場所に向かう途中で一人の青年と階段ですれ違いました。




その青年は出来上がったばかりの免許を満面の笑みで眺めておりました。

その姿があまりにも愛おしく・・・




思わずハグしそうになりました




皆、こんな思いで免許取られていたんですね・・・なんか秀樹感激っす!




そして先日・・・

無事に路上デビューいたしました!仙台で風になったぜ!!

これからは初心を忘れず、安全運転を心掛けて風になります!!

あばよ(´∀`)!!

投稿者 naru119 : 22:39 | コメント (6)

2012年3月11日

陽はまた昇り、君を照らす

コンクリートジャンゴー東京にお住いの皆様。




何だか最近ネオンが薄暗く感じませんか?

夕方五時のチャイムがやけに切なく聴こえませんか?




それには理由があります・・・




僕が東京を離れたからです!




~「そうだったのか!」と各界からの声が続々!~
【東京が暗くなった理由】
定価:360円(税込)

全国の書店で発売中!!
※嘘です、泥棒の始まりです、ごめんなさい




そうなんです・・・

私、3月から宮城県は杜の都「仙台」に暮らしておるのです!おるのです!おるので・・・(リフレイン)




東京の皆様、ごめんなさい。

東京が嫌いになったわけではありません、むしろ象さんと同じくらい好きです。




ただ、いろーんな事を考えて出した答えが「仙台」だったわけでございます。

時には起こせよムーヴメント、動かざること邪魔の如しです。ドイツの大文豪ゲーテも「とにかく行動するんや!」と青年に言っておりましたしね(注:ゲーテは関西弁ではないです)。




仙台はとにかく寒いです、むいさーです。今年は特に寒いということで、雪も結構降っております。

こうしてブログを書くためにキーボードを打っておりますが、手が子鹿のように震えております。かじかんでいるというより、こじかんでいるのです(わかる人だけついてきて下さい)。

今はたまに散歩をしたり、時にスキップしたりして、近隣の地理を頭に叩き込んでおります。天気予報を見るたびに、地名などを覚えようと頭をフルフル大回転させております。




東京ではパパラッチに追われたり、変装をしないと山手線にも乗れませんでしたが、
※また嘘をつきました、母さん、ごめんよ

こちらには友達が誰一人おりません(´□`。)サミシー




まずは友達を作りたいと思います。




そこで、どうやったら友達が出来るかと悩んでおりましたが、

「俺には音楽があるやないか!んだんだ!!」と気付き、先日仙台駅付近の楽器屋に行ってきました。

楽器屋に行かれたことのない御曹司の方の為に説明しますが、楽器屋にはですね、バンドメンバー募集の張り紙がしてあるのですよ(知らなかっただろ、どうだ!執事がバンドメンバーを連れてくるわけじゃないんだぞ!)。

で、その張り紙をあっしが見ちゃおうって魂胆ですよ、旦那。わかりやしたかぃ?




最初は張り紙そっちのけで頭上高く飾られたGibsonを潤んだ瞳で眺めておったのですが、金持ちのおっさんが買ってくれる気配が一切なかったのでいざ張り紙のもとへ。




「歌えるギター大募集!!」
「トークがうまいボーカルさん募集してます!」
「料理が上手で優しい人募集してます!」





などなど

「俺を必要としている人が仙台にはこんなにもいるのか!」と感激していた矢先、

どの募集にも恐ろしい注意書きを目したのです・・・ルールルルル・・・




※18~22歳の人が希望です
※歳の近いかたで20代後半までOKです!
※広末似の女性の方!





あっ!

俺36歳の青年やった(゚Д゚)ワスレテタ!!




なんてこったパンナコッタ!年齢の壁が立ちはだかるぜ!!

しかも「いきものがかり」とか「けいおん」のコピーバンドがやりたいって・・・




あんたBoowyをコピーしなさいよ、ボウイを!ここは東京だぜ!!




前途多難ではございますが、バンドメンバーやら飲み友達やらを地味に探していきたいと思います(*゚ー゚)ヨロシクー




そして、今日は震災からちょうど1年。




今こうして東北の地にいるということは、僕には何らかの使命があるのだと思います。

昼間は地元の方々と共に黙祷をささげてきましたが、参加された方々の胸中には僕には想像できないほどの「悲しみ」や「痛み」「苦しみ」を抱えているのだと思います。

自分に何が出来るかはわかりませんが、自分の出来ることを精一杯務めていきたいと思います!目の前の山を登るのみであります!!




ということで、NaruLogはこれから仙台よりお送りして参ります。
※さぼっててすみませんでした・・・




って、




このブログをまだ見てくれている人はいるのだろうか(´□`。)アウー

投稿者 naru119 : 17:58 | コメント (10)

2011年10月 1日

木になる木

お仕事を終えて、帰宅途中の電車での話でございます。
※おひょいが語ってる体(てい)でよんで下さい




隣に座ったアベック。
※アベック...恋人同士のこと
※カップル...恋人同士のこと
※バカップル...自分たちの世界に入り込んでいる周りが見えていない恋人同士のこと

彼氏が携帯で時事ニュースを見て彼女につぶやいたのです。




彼氏:「ジュンスカが復活だって」




ジュンスカ(*゚ー゚*)




そう、30代なら反応してしまうであろうこの響き、、

かつて一世を風靡したバンド、JUN SKY WALKER(S)(ジュン・スカイ・ウォーカーズ)のことでございます。敬愛するユニコーンと同時代を生きたバンドであります。

そのジュンスカが本格的に活動を再開する!というニュースが本日全国を駆け巡ったのでございます。




ただ・・・




「ジュンスカ」の発音が「ラスカル」と同じだったのでございます(´□`。)アウー




本来、「ジュンスカ」の発音は「ラスカル」じゃなくて、「カステラ」なんです。

あとは「新木場」とか「パンチラ」とか、そういう発音なんですよ!
※例えが悪くてごめんちゃい




しかもその彼氏がその発音の「ジュンスカ」を連発するものですから、僕は隣で吹き出しそうになってしまいました。

そしたらその話題に反応した彼女が




彼女:「ジュンスカって、あのジュン・スカイ・ウォーカーズ??」




この彼女の「ジュンスカ」の発音はネイティブも唸るエクセレントな正しい発音。

ただ・・・




「ジュン・スカイ・ウォーカーズ」の発音が「準・スカイ・ウォーカーズ」みたいになってたんです!!




準って何やねんっ!

もう一歩のところだったのにねって何やねんっ!!




もうこの彼女のダメ押しにはさすがの僕チンも堪えきれず、

口を手で押さえ笑いを堪えたのでございます・・・




以前楽器屋で女子高生が「ギブソン」の発音を「ケラチン」と同じ発音で言った時も激しく反応した覚えがあります。

気になっちゃうんよねぇ~、そういうとこ。




ま、何はともあれ、




ジュンスカの皆様、再始動おめでとうございます(゚ー゚)/アルイテイコー
※皆も発音には気を付けてね!

投稿者 naru119 : 21:11 | コメント (4)

2011年8月25日

初めての路上(ド)ライブ

タカシは疲れていた。




無理もない。先月から部署が変わり、毎日慣れない営業活動を強いられている。客先には相手にされず上司には怒鳴られる日々の連続だった。




「はぁ・・・」

いつもの電車に揺られながら、タカシは無意識に深い息を吐いていた。終電間近の車内では酔っ払いが座席を占領して気持ち良さそうに眠っている。その姿にタカシは羨望とも軽蔑とも取れる眼差しを送った。




最寄り駅に到着し遅い夕食を買いにコンビニへ向かおうとした時、タカシはふと足を止めた。駅前で一人の若者がギターを片手に歌っていたのだ。

「あれはギブソンのギターかな?」




ギターには多少の知識があった。10代の頃、当時のバンドブームに乗っかってギターを購入したのだ。ただ、多くの人がそうであるように、現在そのギターは部屋のオブジェに成り下がっている。




タカシは彼の歌に耳を傾けていた。決して上手くはないものの、一生懸命演奏する姿には好感が持てた。「明日は晴れる」とか「君ならやれる」「ガンバレ」等々、青臭い歌詞に苦笑いしながらも、いつしか彼の前に座り込んでいた。




演奏が終わると彼はタカシに向かって「ありがとうございました」と頭を下げた。タカシは何だか照れ臭くなり、500円玉を一つ置いてその場を立ち去った。




コンビニへ向かいながら自然と鼻歌を歌っていた。the Beatlesの名曲「Let it be」。ギターで最初に練習した曲だった、英語はもちろんうろ覚えだ。




「久しぶりにギターでも弾いてみるかな」
「でも弦が錆びてるよな」
「替えの弦あったっけ?ていうか俺に替えられるかな?」

そんなことを考えながらカルビ弁当と缶ビール2本を手に取りレジに向かった。




コンビニを出ると大きな月が顔を出した。今夜は中秋の名月、明日も良い天気らしい。




「よし」

何かを決意したかのようにタカシは歩きだした。




そう、明日は初めての路上なのだ。




~ 終わり ~
※(゚Д゚)ナニコレ!!




え~、恐ろしいほど前置きが長くなってしまいましたが・・・




私、初めて路上をお車で運転したのでございます(*゚ー゚)/ブイブイー




今までは教習所内で同じところをクルクルランドしてたわけですが、そんな変化の無い生活に若い僕らが耐えられるわけがなく・・・




「いい加減にしてよ!僕はダディやマミィの人形じゃないんだ!」




初めての反抗だった・・・

18歳になって親元を離れるように、我々は路上に出るのです。




そして路上に飛び出して初めて我々は気付くのです。




そう、自分は愛されていたのだと・・・




~ 終わり ~
※(゚Д゚)ナンナノ!?




ということで、初めて路上に飛び出したわけですが、もー怖かった。何が飛び出してくるかわからんし、注意するものが多すぎ!大杉蓮!




目の前の信号、前方の車、スピードメーター、教官の鼻息、左側の路上駐車、対向車、歩行者、教官の鼻息・・・




(´□`。)うわぁぁ!!




運転って大変ですね・・・ハァハァ

すべてのドライバーを尊敬します、マジで。すごいよ、皆。ゴイスー。




やっぱスピードを出すのが怖い。

50キロ規制の道路で教官が「50キロまでいってみよ~」と欽ちゃん風に言うのでビビリながらもアクセルドーン。

教習所内では最高でも30キロだったので、50キロなんて俺に言わせりゃ音速ですよ、音速。いやー、緊張した。




果たして僕に「イージュー☆ライダー」を口ずさみながら運転する日は訪れるのでしょうか・・・




「僕らのぉ~自由を~♪」

投稿者 naru119 : 23:44 | コメント (8)

PAGE:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

« 音源公開 | NaruLogトップ | アーカイブ | 考察 »