2003.04.13 池袋アダム
昨日の雨模様から一転、今日はとても良い天気である。
ライブ日和である。
移動の山手線でとてもキュートな女子高生を発見する。
まさにライブ日和である。
今回の舞台は池袋アダムである。
伝説の鳥獣“いけふくろう”で待ち合わせをした僕たちは一路ライブハウスへ向かう。
サンシャイン60ストリートをスキップしていると、
遅れてきた“あゆっち”がやはりムーンウォークの全力疾走で登場した。

リハが始まった。
うちらの番がくるまで他のバンドさんのリハを見守る事にしよう。
ん〜、それにしても世の中にはどれだけのバンドが存在するのだろうか?
僕が出させてもらったライブだけでも多数のバンドが存在する。
その中で個性を光らせ世に出て行くという事は、
コーヒーに注いだグラニュー糖を取り出すくらい難しい事であろう、、、
そんな事を考えながら僕は他のバンドさんのリハを眺めていた。
その時僕がぎゅっと息子を握り締め、
尚且つ心の中でZARDの“負けないで”を歌っていた事を誰も知るまい。

ライブのスタートが近づき、僕らは楽屋でスタンバイしていた。
そう、池袋アダムは楽屋からステージに登場できるのだ!!
嬉しい、初めての体験だ。略して初体験である。
今まではお客さんの間を“すんません”と連呼しながら、低姿勢でステージに登場したものである。

「そら壱さん、そろそろお願いします。」
そら壱2ndライブの始まりである。

僕らは取材陣に囲まれる事も無くステージに登場し、
ファンの声援でカウントをかき消される事もなく演奏を開始した。
一曲目は“マイナスプラス”だ。
ん?何だかギターの音がしょぼいぞ、僕は焦った。
おしっこを我慢しているのに、目的地の一駅前で2・3分電車が停車した時くらい焦った。
焦りが緊張となり、ミスを連発してしまった。うがっ!
MCをはさみ、次は“アドバイス”である。
この曲では“ほっすぃ”のホイッスルが炸裂するのだ。
今回“ほっすぃ”は自分を隠すメガネをかけている、、女教師だ、、
そんな女教師のホイッスルが鳴り響いた次は“before Today”である。
バラードである、メンバーは個々に愛しい人を思い描きながら演奏したに違いない。むふ。
残り2曲となり、次の“STAY”では間奏でメンバー紹介をするのだ。
メンバーはこのメンバー紹介にギリギリまで頭を悩ませていた。
まずは“あゆっち”、練習ではやらなかった激しい太鼓祭りである。にくいねぇ〜。
次は“たくや”、安定したプレイで客以上に僕を魅了した。しびれるねぇ〜。
次は“ほっすぃ”、小粋なメロディーで客以上に僕を踊らせた。やるねぇ〜。
そして“お客さん”、予想通りの反応である。無反応。
「お客さんに振るのはどうなの?」とメンバーから異論は出ていたのだ。
しかしながら僕は「大丈夫や、どっちに転んでも上手い事いくから」と口走っていた。
失敗です、この場を借りて謝ります。ごめんなさい。
最後は僕だ、上記の失敗を取り戻そうと僕は「あっ!?腰がっ!!」などと声を出し、
冷え切った会場を少しでも暖めようと必死だった。
おしっこを我慢しているのに、目的地の一駅前で2・3分電車が停車した時くらい必死だった。
最後に“必要十分条件”を演奏し、ライブは終了した。

今回はメンバー個々に課題を残す結果となった。
失敗を前提に演奏しているわけではないので、悔しいのである。
これを“後悔”ではなく、“反省”にしなくてはいけない。
幸いな事にメンバーは次のライブでのリベンジに燃えている。
この気持ちが重要である、そこに希望があるからだ。

“失敗は成功のもと”
成功して初めて成り立つ言葉である。

文:なる
NaruLogエントリー
ブログ:NaruLogはこちら

そら壱携帯版
QRコード

きせかえツール
着メロを無料配信チュー

携帯サイトではPCでは手に入らない貴重なコンテンツがたくさん!
いますぐアクセス!頭皮にサクセス!!


手広くやってます mixiに手を出しています
mixiに手を出しています

・・・マイミク申請はお気軽に、ほら軽い気持ちで

MySpace Japan
Myspaceにも手を出しています

・・・そう言わずにフレンド申請もどうぞ!

スポンサードリンク

NaruLog