2004.07.18 渋谷TakeOff7  『Clover』
今回の舞台は渋谷TakeOff7である。
“そら壱”が今までやってきたライブハウスの中で一番大きな会場である。
僕はこのライブハウスに足を運ぶ度に、、
「良いライブハウスですね。僕もここでライブやってみたいです、父さん。」
と、目玉な親父に話し掛けていたくらいだ。
そして、有り難い人脈のおかげでここでライブをする事になったのである。
ありがとうございます。全力でハッスルするっす!!

暑い、、さらに日曜日という事で渋谷はもの凄い人である。しんどい、、
忠犬の前で“タカアキ”と待ち合わせしていた僕は、“タカアキ”を探す事よりも可愛い娘をウキウキウォッチングする事にムチューになっていた。
そんな可愛い娘に紛れて“タカアキ”が登場した。約束より15分も前である、相変わらず早いねぇ〜。
僕らはセンター街のセンターGUYをチラ見しながらデューク式ウォーキングでライブハウスへ向かった。

やはりTakeOff7は広い。ステージもとても広いのだ。
ライオンハートの持ち主の僕もさすがに緊張してきたぜ、、おぇ〜。
“あゆっち・たくや”も到着し、各々リハまで時間を潰す事にした。
僕は山へしばかれに、“あゆっち”は川へ人生の選択に、
“たくや”は助けた亀に連れ去られ、“タカアキ”はくるくる回っていた。

ライブのスタートが近づいてきた。
僕はキュートなTシャツに着替え、ヒンズースクワットをしながらスタートの合図を待った。
今回のSE、“ニルヴァーナ”が流れ出した。前回の“さだまさし”とはえらい差である。
会場にはたくさんのお客さんが来てくれている、ハリキッテ行くぞ〜!!
一曲目は“必要十分条件”。
ステージ上の音の返りも良く、歌もヒジョーに歌い易かった。さすがTakeoff7である。
次のMCでは台本通りに進もうとすると若武者“タカアキ”が絡んでくるので、
せっかくの“なるプラン”も総崩れである。にゃ〜!!
次は“アドバイス→Fly”である。
“アドバイス”は4人でやるのは初である。ロックな仕上りでイカシテますよ、奥さん!
“Fly”もギターソロパートを増やして、なかなか良い感じですぜ、旦那!!
次のMCは予定していなかったが“たくや”に振ってみた。
そしたら、、
「今日は“大切な人”がたくさん来てるんで・・・」
みたいな事を言い放ったのだ!熱い熱い、ヒューヒューだよ!!
さすが元祖語り部。振ってみるもんだ(笑)。
次は新曲“King's Road”である。かなりごぶさターンの新曲です、ウマタセ!!
“たくや”のチョッパーが炸裂!“タカアキ”の動きも軽快!アミノ酸まとめてドン!!
お客さんの評価もぼちぼちで、今後ライブのローテーション入りしそうな勢いである。
次のMCで謝辞を述べ最後の二曲に突入する。
“マイナスプラス”では温かい「オイッ!」を頂き、最後の“NightFall”も終始気持ちよく演奏する事ができた。

今回は大きなライブハウスでやれるという事で、たくさんの人に声を掛けたのだ。
来てくれた皆様、ありがとうございました。感謝感激であります。
その中に僕がリーマン時代にお世話になった上司が来てくれていた。
3年ぶりの再会である。僕が会社を辞めてから3年経つのだ。
その人に会って何だかフンドシを締め直された気がした。
あの時の自分が皆に語っていた夢とか、自分の想いとか。そんな事を思い出した。
あれから3年。

その人は僕がまだ音楽を続けている事を“嬉しい”と言ってくれた。
こんなに励みになる言葉はない。

あの時選んだ答えは、間違いじゃなかった。

文:なる
NaruLogエントリー
ブログ:NaruLogはこちら

そら壱携帯版
QRコード

きせかえツール
着メロを無料配信チュー

携帯サイトではPCでは手に入らない貴重なコンテンツがたくさん!
いますぐアクセス!頭皮にサクセス!!


手広くやってます mixiに手を出しています
mixiに手を出しています

・・・マイミク申請はお気軽に、ほら軽い気持ちで

MySpace Japan
Myspaceにも手を出しています

・・・そう言わずにフレンド申請もどうぞ!

スポンサードリンク

NaruLog