肩書きポジショニング

皆様、ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?
ハッスルするのは良いですが、事故やケガには十分注意して下さいね♪

僕は祝日は関係ないので全然ゴールデンではありません。強いて言うならモノクロです。
ただ、少しでもゴールデンに近づけようと、
この期間だけは晩酌に本物のビールを飲んでおります(´□`。)ケナゲー

さて、昨日は友人の結婚式の二次会に行って参りました。
前日に「乾杯の音頭」を頼まれ、いささか緊張した面持ちで会場に向かいました。
そう、僕に期待されることはただ一つ・・・

「笑い」です!

日頃ライブのMCで鍛えたこのトーク術!この日の為に精進してきたと言っても過言ではありません!
ここで力を発揮せずにいられようかっ!!いや、いられまい!!

「それでは乾杯の音頭を、”笑いの天才”池田様に・・・」
いきなり司会にハードルを上げられるが、そんなことでビビッてはいられません!
僕はマイクを握り締め、前日の夜に頭をフル回転して考えた内容をブチかましました!

ややウケ

父さん、やっぱり中学二年が僕の面白さのピークだったようです。

「乾杯の音頭」の余韻を引きずりながらも、お馴染みのビンゴ大会では何と3番目の速さでリーチ!

( 」゚Д゚)」リーーーーーーーーーーチ!!

会場に響き渡るリーチコール、僕は勇んで会場前方へ!!
「乾杯の音頭がまあまあ面白かった男」から、「即効ビンゴを勝ち抜けた男」へ昇格するチャンス到来!
ここや!俺の本当の見せ場はここなんや!エイドリアーーーーン!!

「以上、ビンゴ大会でした、ありがとうございました!」

むなしく響く終了を告げるアナウンス。
そう、僕は最後まで「ビンゴー!」と叫ぶことはありませんでした。

結局、「乾杯の音頭がまあまあ面白かった男」は、

「ビンゴ大会で最後まで会場前方にいた男」にスライドしただけでございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。