2006年12月の記事一覧

月別のエントリーを表示します。2006年12月にはこんなことがあったんですね。

2006年12月29日

ちょっとちょっとちょっと

「あー、今日はいい天気やなぁ♪」

と思って外に出たら、めちゃめちゃ寒いし(*゚ー゚)/コラー

投稿者 naru119 : 11:00 | コメント (0)

2006年12月22日

シナジーについて書いた方がいいんじゃないのと、お母さんに言われたような気がしたのさ。

なんかタイトルが長いと「おっ!」って思うよね。でも中身はフツー、いつも通り。こういうのどうよ??俺はたまには良いと思うけど、君はどうよ?ん??

【シナジーへの道 本番編】
12月9日、シナジーパワー当日。雨がふってる。
「おいらはたくさんの荷物を持って城を出るんだよ。ちょっとは気を使ってよ、お天気くん。」と空を睨みつつ城を出る。いざ六本木、ホリエモンの思い通りにはさせないぞ!!

リハは午前中から始まっている。今回出演するのは11バンド。先は長い、出演者もスタッフも大変だ。頑張れ、俺の腰!負けるな、君の腰!!ライブハウスに到着するとスグにANYのリハのお手伝いでギターを弾く。俺が弾くギターでリハになるのかと疑問を抱きつつ、久しぶりの『松風』復活。今日は俺のバンド復活デーだ。めでたい日である。そして”そら壱”のリハが来た。4人で合わせるチャンスはここしかないのだ。久しぶりの感触を噛み締める、やっぱバンド編成で歌うと体力の消耗が激しい。ハゲしい。しかしながら心地良い疲れというやつだ。本番はハッスルするわよ。

午後2時半、シナジースタート。今回で7回目の司会をランデブー”ばーたん”と行う。予定通りたいして盛り上がらない、今まで盛り上がったためしがない。次回はココに本気を注ごうかと決意しかけるが、やっぱりやめる。こうなったら一生盛り上がらない司会をやってやる!と三十路にして反抗期に突入する。

各バンドの演奏が始まる。色んなバンドがいるもんだ、ジャンルもバラバラ。伝えたい事、言いたい事もバラバラ。何か不思議。一年ぶりに会った人もたくさん。この一年間どんな風に過ごしてきたかわからないけど、きっと頑張ってたんだろうなぁとしみじみ。誰に見られていなくてもそこで生きている。人生は点ではなく線なのだとしみじみ。しじみ。

次はいつ会える?
それまで元気で、俺も頑張る。

そら壱の番が来た。最初の4曲はたかあきと二人。いつもはコント仕立てだが今回はフツーに演奏。久しぶりにフツーにMC。なんかフツーって難しいな。つかみでブルーハーツ『少年の詩』を演奏。前々から歌いたかったのだ。最近いじめやら何やらで子供たちの悲しいニュースが多い。耳が痛い、胸が痛い。僕たち大人は子供たちに何を伝えていけば良いのだろうか?結構考えたりする。未来が子供たちにとって住み易い世界になれば良いと思う、大人の責任は重大だ。

自分に子供が出来たら何を託そうか?

そんな意味を込めて歌う。たかあきはタンバリンを叩いている、そして久しぶりにネクタイをしている。初めて会った時もネクタイをしていたなぁ、とがったナイフのような男だったなぁとしみじみ。二人編成になって1年半が経つ。もう慣れたもんでね、そら壱ワールドが出来つつある。心臓も強くなったしね、もうすぐライオンハートを手に入れる予定だ。

残り2曲になってたくや・あゆっちを招き入れる。これで「そ・ら・い・ち」の完成である。まずは『NightFall』。なかなか覚えてるもんでね、あたかも事前に練習していたかのような演奏である(笑)。MCで二人を紹介する。昔に戻ったみたいだ。最後は『マイナスプラス』、間奏でスッタモンダあったけど楽しく演奏できた。お客さんも懐かしく聴いてくれたようだ。

最後にランデブーがおよそ2万人の観客を沸かせシナジーパワーは大成功で幕を閉じた。出演者&スタッフの皆様、おつかれちゃ~ん。打ち上げも久しぶりに朝まで続いて、三十路の体に激しく鞭を打つのでした。俺はMか?Mなのか!!

たくや・あゆっち、一夜の夢をありがとう。やっぱバンドは楽しいわ。また一緒に遊びましょう♪それまではそれぞれの目の前の山を登ってくれ!アディオース、アミーゴ!!

今年のライブも全て終了です。
いやー、手に汗握ったぜ。

あっ!!

「たかあき、おつかれ。」

投稿者 naru119 : 12:42 | コメント (2)

シナジーについて書きなさいと、空飛ぶカラスに言われたような気がしたのさ。

今年最後のライブは御馴染みシナジーパワー。今回で7回目。
創始者が不在でもイベントは続いていく。すごいことやね、わくちん。

スリマが『シャンマー』なら、俺は『わくちん』だな(ポツリ)。

ということで、シナジーをやる事になって「やっぱバンドでやろうぜ!」って自分の中で決定した。たかあきも「いいんじゃん」と言っていたので、サポートしてくれる紳士を探す旅に出る。

【シナジーへの道 紆余曲折編】

去年のシナジーで叩いてくれた紳士にお願いし承諾を得る。ほっと一安心。そら壱ライブが定期的に入っていたので直前になるまで、全然シナジーのことを考えていなかった。残り1ヶ月を切った頃にサポート紳士が「急用でシナジーに参加できない」と鳩が飛んでくる。

ほら困った。

その夜くらいに元ベース『たくや』からメールが、、”シナジーやらせてもらいます”みたいな内容。前々から「久しぶりにやらないかい?」と誘っていた返事だ。タイミングが良いと言うのか悪いというのか・・・ドラマーが決まってないことを伝える。返事は「あゆっちに叩いてもらえば(笑)」みたいな内容。あゆっちは元ドラマーだが現在は群馬在住。「練習ができんからなぁ」とやんわりその可能性を否定する俺。

そんなホットな時期に”あゆっち夫妻”いわゆる”中村夫妻”が我が城に泊まりに来た。

「シナジーのドラマーが決まってないのよ」とポツリ。「じゃあアタイの知り合いドラマーに聞いてみるよ!」と桜塚やっくん的なお言葉。おーこれは有難いと最後の望みを託すことに・・・しかしながらシナジーまであと2週間。

ほら困った。

この際二人でやるか?たくやと三人でホットブラザースをやるか?
と、毎日ハゲる思いだった。今年一番の困り具合。たぶんちょっとハゲた。そんな時あゆっちからメールが
来た。

「ドラムだめだった」みたいな内容。

「そっかー、ありがとね」と返事。

「良かったらアタイが叩こうか?」

ん?
(*゚ー゚)パードゥン?

「良かったらアタイが叩こうか?」みたいな内容。

おーー!!

おおおおーーー!!

ナンダカンダで4人のそら壱が復活することに。
「本番一発勝負になるけど、こりゃ楽しみだわ。」とニンマリ。

ちょっと長くなったので二つに分けてみる。

シナジーへの道【本番編】へつづく

投稿者 naru119 : 11:21 | コメント (0)

2006年12月16日

ふと

もし、”たかあき”にインテルが入っていたら・・・

投稿者 naru119 : 17:54 | コメント (0)

2006年12月 1日

ヨーイ・・・

ドン!!
さー、師匠が走り出しました。ということで、12月です、師走です。今年も残り1ヶ月かぁー、早いなぁ。光陰矢の如し、動かざること山の如しですね。

そうそう、エリッククラプトン見てきました。いやー、生クラプトンが見られるとは。生きてて良かった・・・そして親父でした、チョイ悪です。
で、ギターはさすがでした。アコギ1本でブルースをやったんですけど、しびれましたねぇ~。

ライブはぴったり2時間で終わりまして、「もっとやってくれよ、エリーック!!」と僕は叫んでおりました。聞きたかった曲をやりませんでした・・・ジョージショック。

去年はオアシス、今年はクラプトン。毎年外タレを観ております。さてさて、来年は??

レニークラビッツかな?ビリージョエルかな?
ケントデリカットかなー??(*゚ー゚)ボクダヨケントダヨー

投稿者 naru119 : 15:12 | コメント (0)

PAGE:

« 2006年11月 | NaruLogトップ | アーカイブ | 2007年1月 »