少年の憂鬱

金属バットにグローブをぶら下げて、少年は家路を急いでいた。あたりはすでに暗くなり、街中に流れる「七つの子」がより一層少年を焦らせた。
「あかん、またお母ちゃんに怒られるわ」
昨日も、その前の日も、少年は帰りが遅くなり母親を怒らせていた。「もうしない」と約束したのは丁度24時間くらい前の話だ。
ふと急ぐ足が止まった。
「あれ、なんやろ?」
美容室の入口の謳い文句。
-—-デジタルパーマ始めました。
「デジタルパーマ?デジタルってなんや??」
すると、店内から一人の女性が出てきた。少年は恐る恐るその女性の髪形に目を向けた・・・
「・・・!?う、うわぁぁぁ!!」
少年が目にしたものは一体!?
続きはWEBで!!
***************************
ども、江戸川乱暴です。
物語風に始めてみましたが、何のこっちゃない「デジタルパーマ」って何?ってことです。街中の美容室に書いてあったとです、ピロシです。
「デジタルパーマ」と聞いて僕なりに色々想像してみました。
たとえば・・・
美容室で「デジタルパーマお願いします」と言うと、、イケメン美容師さんがデジカメで写真をパチリ!その顔写真をパソコンに取り込んで、パソコン上で理想のパーマに写真を加工して自己満足すること。実際の髪型は変えない。メリットは美容師さんと楽しくトークしながら「こんな髪型もいいね」とか「こっちも似合うじゃない」とか言いながら写真の加工をして夢が広がること、そうそれがデジタルパーマ!
デジタルパーマ(卒業式風に)!!
とかね。
ググッてみたところ、髪を巻き巻きするロッドに熱を通してパーマをかける方法らしい。で、そのロッドの温度調節をコンピュータで管理するので「デジタルパーマ」って言うんだって!!普通のパーマ(アナログパーマと言ってよいのか・・・)よりも”いい感じ”にパーマがかかるんですって、奥さん。
気になる方は美容室でこう言って下さいね。
「デジタルパーマお願いします!」
そしたら写真を撮られますよ(*゚ー゚)/デジタルデジタル

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。