お江戸下町事情

ドンドンドン!!
ドンドンドンドン!!

「なんでぇ?まったく朝っぱらから騒がしいね。八の野郎だな。」

ドンドンドン!
八:「弦さん、俺だよ!開けてくれ、てーへんなんだ!」

(ぶっきらぼうに戸を開ける弦)

弦:「八、だいたいおめぇには常識ってもんが・・・」
八:「説教なら次の正月が明けたら聞くからよ、とにかくてーへんなんだ!」

弦:「てーへんてーへんって、底辺這いつくばってるヒラメみたいな顔しやがって。一体何があったんでぃ?」
八:「だからてーへんなんだって!」

弦:「てーへんなのはわかったよ!しつこい男だね、まったく。それじゃ女にモテないよ。」
八:「女房はもうたくさんだ。そういう弦さんこそ独りもんじゃねぇか?」

弦:「俺のことはいいんだよ!人の傷口に塩を塗るようなこと言いやがって・・・」

(痛いところをつかれ、落ち込む弦)

八:「消えちまったんだよ!」
弦:「消えた?」

八:「そう、綺麗さっぱりなくなっちまったんだ!」
弦:「消えたっておめぇ。女房なら2年前に他の男作ってとっくに消えちまってるじゃねぇか。」

八:「弦さん・・・人の傷口に塩を塗るようなこと言わないでおくれよ・・・」

(痛いところをつかれ、落ち込む八)

弦:「冗談だよ。悪かった、俺が悪かったよ。さて、話を戻そうじゃねぇか。」

八:「ドンドンドン!!」

弦:「戻りすぎだよ!また戸を叩くやつがあるかぃ!」

弦:「で、消えたって何が消えたんだぃ?」
八:「ブログだよ、ブログ。」

弦:「ブログってのは、あのインターのネットで恥ずかしげもなく自分の日記を他人に公開するあれかぃ?」
八:「さすが弦さん、耳が早いねぇ。そう、俺が必死に書いたブログが消えちまったんだ!」

弦:「八、おめぇはそのブログをやってるのかぃ?なんてブログだぃ?」
八:「NaruLog(ナルログ)でさぁ」

弦:「なんでNaruLogなんだ、おめぇは八だからHachiLog(ハチログ)だろ!」
八:「ほんと細かい男だね弦さんは。だから嫁が来ないんだよ。」

(痛いところをつかれ、落ち込む弦)

弦:「じゃぁ何かぃ?せっかく書き上げたブログが消えちまって、その穴を埋めるために俺とおめぇが登場したって寸法かぃ?」
八:「さっすが弦さん、話が早ぇや!」

弦:「ったく、そんな理由で俺は叩き起こされたってわけかぃ・・・」
八:「なんでぇ、弦さん?怒ってんのかぃ?」

弦:「当たりめぇだ!こんな馬鹿な話しがあるかぃ、けぇれけぇれ!出直してきな!!」

八:「ドンドンドン!!」

~お後がよろしいようで~

ということで、必死に書いた記事が消えてしまい、同じ文章を書くのもアホらしいのでこのような形を取らさせて頂きました。
それでは皆様、ごきげんよう。

スポンサーリンク

コメント

  1. たくや より:

    え゛。。。
    そんなオチかぃ(-.-;)
    八さんと弦さんだから、てっきり八弦ギター買っちまったぜウホーィ♪なオチが来るのかと期待してたのにw

  2. ひらく より:

    あるある~。
    てっきりいつものイントロだと思った。
    したら本題が無かったね。
    てっきり弦の立場で書いてると思った。
    八ナナロクGo!

  3. sato-sin より:

    なるさま
    おはようございます( ^-^ *)オハツ♪
    小芝居サイコーですな。。。
    自分が「Naruフェチ」なことに今頃気付く(@_@;)

  4. なる より:

    たくや>
    八弦ギターて!
    そんなんあんの??
    ひらく>
    消えるよねぇー、せっかく書いた文章って消えるよねぇー。そして萎えるよねぇー。
    本題がなくてすまん、初めて落語を書いてみた(笑)。
    sato-sinさん>
    おはよーございます!
    「Naruフェチ」だなんて照れるっす!恐縮っす!
    今後も喜んで頂けるよう地味に更新します。ドンドンドン!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。